設立・企業支援

つくる

業務風景

名波司法書士事務所では、
新しく“つくる”の様々な手続き、
専門知識のご提供で支援いたします

  • 会社設立登記
  • 定款の作成
  • 商業登記
  • 資本額の変更
  • 役員変更
  • 起業支援
  • ファイナンス支援

会社設立登記について

  • 商号・目的調査
  • 定款作成
  • 認証手続き
  • 必要書類作成
  • 登記申請
  • 謄本取得

名波司法書士事務所では、会社設立にあたり、事務手続きの迅速化とお客様の負担軽減を図るよう心掛けています。
時間がなかなか取れない方でも、押印などの簡単な手続きで安心して進められるようご協力致します。
また、当事務所は、定款電子認証もご対応しておりますので、登録免許税など費用面でも軽減できることがございます。

手続きの流れ

STEP.1
会社の基本事項の決定
商号・本店・事業目的を決めていただき、それをもとに定款作成に取り掛かります。

STEP.2
類似商号の調査・必要書類の作成
同一所在地で同一商号の会社設立は禁止されておりますので、該当があるかお調べします。
上記が問題なければ、会社設立に必要な書類の作成に取り掛かります。
尚、上記調査及び書類作成に関しましては、当事務所にてすべて行います。

STEP.3
公証役場にて定款認証
定款の内容作成後、定款内容に関する不正行為や紛争などの要因がないか公証人に定款の認証を依頼します。(現在は、電子定款認証が一般的となっていますので、印紙代が4万円不要となります。当事務所は、電子定款認証を推奨しており、当事務所が作成致します)

STEP.4
資本金の振り込み
定款認証後、資本金を発起人の個人口座に払い込みを行います。

STEP.5
必要書類に押印
必要書類に押印していただきますので、この時までに会社の実印が必要となります。

STEP.6
会社設立・登記の申請及び設立登記の完了
会社設立登記の申請を行い、1週間から10日程で設立登記が完了します。
会社の登記事項証明書、印鑑カード、印鑑証明書、謄本などの設立書類をお渡しします。

商業登記

商業登記について

商業登記とは、その会社がいつ設立され、住所はどこでといったような情報を商業登記簿に記載することです。登記簿はいわば会社の戸籍のようなもので、会社の存在を公に証明してくれます。

起業支援

起業支援について

業務風景

起業をすると決断し、一歩前に踏み出そうとしているあなた。
その一歩はあなたの人生にとっても貴重な一歩だと思います。

当事務所はそんなあなたの一歩(勇気)を支えます。

起業には、いろいろなプロセスや手続が必要となりますが、私共がまず大切したいのは、あなたの「おもい」です。あなたは、どんな「おもい」で起業をされようとしていますか。

当事務所では、あなたと共にあなたの「おもい」を整理します。最初は、もやもやしてもいいと思います。なんとなく・・でも全然かまいません。ただ、ずっと、なんとなくなら起業はまだ早いと思います。

「おもい」が整理できたら次に戦略です。

「おもい」を実現するためにはどんな戦略が必要か?
ここも、あなたと共に考えます。

「おもい」と「戦略」が整理できたら、具体的に手続きをとっていきます。会社にするなら、会社の設立登記が必要となります。

会社の形態にもいろいろありますが、ほとんどの方が、株式会社を選択されます。最近では、合同会社を選択される方も増えてきています。あなたの目的に応じて選択しましょう。

※ドラッカーは非営利組織にその「おもい」を託しているところがありますが、だからこそ、営利組織にもその問いが使えると私共は考えています。その問いに一緒に答えてみませんか。

ドラッカーの5つの設問(非営利組織の成果重視マネジメント:ダイヤモンド社より)

1. 我々の使命は何か?

現在の使命は何か?

我々の課題は何か?

我々の機会は何か?

使命を見直す必要があるか?

2. 我々の顧客は誰か?

我々の「第一の顧客」と「支援してくれる顧客」は誰か?

我々の顧客はどのように変化しているか?

3. 顧客は何を価値あるものと考えるか?

我々の第一の顧客と支援してくれる顧客は、何を価値あるものと考えるのか?

我々は顧客から何を学ぶ必要があるのか?

顧客からどのように学ぶのか?

4. 我々の成果は何か?

我々は成果をどのように定義しているか?

我々は成功しているか?

成果をどのように定義すべきか?

我々は何を強化し、何を放棄すべきか?

5. 我々の計画は何か?

使命を変えるべきか?

我々のゴールは何か?

ファイナンス支援

ファイナンス支援について

ファイナンスというと難しく聞こえるかもしれませんが、要は「お金」のお話です。あなたの人生を支える財産の中でも、「お金」はとても大切な財産の一つです。
「お金」はいろいろな意味であなたの人生を支えてくれます。では、どうしたら「お金」とうまくお付き合いができるのでしょうか。

お金を増やす2つの方法

借金の返済は、収入(売上)から支出(コスト)を引いた「支払原資」から支払うものですので、それを増やすことが必要です。つまり、収入(売上)を上げるか、支出(コスト)を抑えるか、になります。
現実問題としては、個々の事情によって、収入(売上)を増やすことが難しい方もいらっしゃることと思いますが、そういう方は、できるだけ支出を抑えて貯蓄をしてください。

お金のダムを作ろう

image

古くは、ベンジャミン・フランクリンが提唱しているのですが、収入の10%をひたすら貯めるのです。それを、決して手をつけない口座に貯めるのです。

借金の返済に追われている方は、いきなり収入の10%の貯蓄は難しいと思いますが、1円貯金でもいいですから、お金のダムをつくってください。気持ちの余裕を意識的につくることが悪循環からの脱出の第1歩になります。また、貯蓄を意識することで自然と身の丈の支出になっていきます。

収入(売上)を上げよう

image

参考になるのが、「弱者の戦略」です。

「弱者」と言っても、人生の敗北者という意味では、決してありません。人、物、金のいわゆる「経営資源」の面で大きな会社と比較して「弱い」ということです。現在ナンバーワン企業と呼ばれる会社も昔は、「弱者」だったのです。「弱者の戦略」立て、それを淡々と実行することにより、今の地位を築いたのです。
「弱者の戦略」は正に「原点の戦略」なのです。

弱者の戦略の特徴は…
1点突破です。自分の強みを把握しそれを集中してある局面に投入するのです。
あと、強い敵とは、競争を避けることです。「戦わずして勝つ」です。

実際、自分の強みを把握せず、漫然と経営(仕事)をしている人が結構います。
こういう方に限って収入(売上)が上がらないことを人のせいにします。昇進しないのを人のせいにします。
自分の強みを誰にも負けないくらい磨いてください。

自分の強みはなんですか。3つ書いてみてください。
(1)
(2)
(3)

何通りもの売り方(アピールの仕方)を考える

image

自分の強みがわかっていても、実際売れるかどうかは売り方にかかっています。基本的には、「絞る」「集中」がキーワードになるのですが、「発想の転換」によりあらたな市場を創ってしまうのも一つです。ポストイットにたくさん書いてみてください。

最低10枚は書いてみてください。理想的なことから、現実的なことまで無制限に素直に書いてみることです。何か見えてきます。この何かが「付加価値」です。人の「評価」です。

売り方が決まったらひたすら売る(実行する)。
チラシやDMは間をおいて、同じところに5回は繰り返してください。
あきらめずに自分の強みをアピールしてください。忘れたころに手ごたえがあります。

「目標」を決め「戦略」を立てて

淡々と実行する。
日々の成果を検証し、それを「戦略」に反映する。
そしてまた、淡々と実行する。
その繰り返しです。ただひたすらその繰り返しです。

3つの貯金箱のお話

貯金箱

「金持ち父さん、貧乏父さん」のロバート・キヨサキ氏が貧乏のどん底を味わったとき、3つのぶたの貯金箱を用意し、毎朝それぞれの貯金箱に25セント(約25円)ずつ入れたそうです。

そして、それを毎朝起きて一番に実行したそうです。その後、どうなったかは、皆さんご承知のとおりです。

さあ、皆さんも「実践」してみませんか。(私も実践しています)

まずは、貯金箱を3つ用意します。(封筒でも可)
3つの貯金箱にはそれぞれ役割があります。

(1)貯蓄用の貯金箱
(2)投資用の貯金箱
(3)寄付用の貯金箱

それぞれの貯金箱に毎日お金を入れていくのです。
毎日です。ここが肝心です。

「金持ち父さん」の行動をマネして習慣化するのです。
思考を変えるために、とにかく「実践」するのです。(3週間は続けてみてください)

実践のためですから、毎日100円ずつでもいいですし、最初は、10円ずつでもかまわないと思います。
「実践」という意味から言えば1円でもいいと思います。

「やる」「やらない」の差は非常に大きな差となります。

貯蓄用の貯金箱

まさに、生活を保護するために蓄えをしておくのです。
貯蓄は自分の生活費の3ヶ月分が、いつもストックされているといいようです。
まずは、そこを目指しましょう。

投資用の貯金箱

最初は、ピンとこないと思いますが、金持ちの考えが身についてくると理解できる貯金箱です。
貧乏は「お金のため」に、働きますが、金持ちは「お金に自分のために」ポイント
働いてもらいます。
最初は、自分に投資をすることから始めるといいと思います。
安定的にお金を稼ぐ力がついてから、投資信託等を始めます。

寄付用の貯金箱

世界の金持ちがひそかに実践しているとても重要な貯金箱です。
お金持ちの「使命」といってもいいかもしれません。納得してから始めましょう。
寄付の種類、額、タイミングについては、自分のスタイルでいいと私は思います。

結局私が言いたいのは貯蓄の重要性です。
どんなに苦しいときにも、手をつけないお金を作ることは借金の問題を解決するときにも、大きな差を生みます。
是非とも「実践」してみてください。


当事務所では、あたなと対話しながら、あなたと「お金」の関係の整理をします。
当事務所では、過払いブームが起きるずっと前から借金問題の相談に対応し「お金」についての困りごとを解決する中で、人生と「お金」について考えてきました。

自分の「おもい」と「お金」との関係性を考えることは非常に重要です。「おもい」があって、「お金」がある。

個人の人生でも、会社の経営でも、「おもい」「お金」の関係性については、根本的な課題となると思います。

じっくりと考えてみませんか。共に考えましょう。

設立・起業支援をお考えの方は浜松の名波事務所にご相談ください

浜松の名波司法書士事務所では、法人の設立・起業支援を行っております。最低資本金制度が撤廃されたとはいえ、法人設立が複雑で難しいことに違いはありません。スムーズに法人設立が目指せるよう各種申請のお手伝いをするとともに、設立後もバックアップしていきます。
法人設立に必要な定款の作成から会社設立・商業登記による起業支援に加え、設立後も資本額の変更や役員変更など、様々な場面で定款変更や法務局への変更申請が必要となります。手続きのプロである司法書士が、確実に手続きを行い時間や費用の無駄を省きます。
法人設立が資本金1円からでも可能になったとはいえ、実際に開業資金なしでは会社を始めることは難しいでしょう。浜松の名波司法書士事務所では、ファイナンス支援も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

TEL: 0120-773-015

お問い合わせフォーム

  • 相続専門サイト
事務所のご案内

名波司法書士事務所

[所在地]〒430-0816 静岡県浜松市南区参野町170番地の1(MAP
[TEL] 053-463-7003
[FAX] 053-463-7040
[営業時間] 9:00~19:00
[アクセス]
JR浜松駅北口 バスターミナル7番乗り場より「遠州浜」行き「領家郵便局」下車すぐ (1番と書いてあるバスにご乗車ください) 駐車場もご用意しておりますので、ぜひ自家用車でもお越しください。

PAGE TOP