相続・遺言

繋ぐ

スタッフ

名波司法書士事務所では、 相続・事業継承など、 未来に“繋ぐ”役割をお手伝いします

  • 相続
  • 遺言
  • 家族信託
  • 事業継承
◆もめない相続の為の3ヶ条◆←クリック!
◆相続が発生したら・・◆←クリック!
◆相続でよくある5つの勘違い◆←クリック!

相続

相続手続きの流れ

相続は被相続人(=相続される人)が亡くなったときから開始されます。相続については、民法で細かい規定が定められていますが、実際は被相続人や相続人の意見を尊重することを優先して 考えられています。 このため、遺言書の有無や相続人全員の話し合いを重視しており、これによって相続の手続きも変わってきます。

一定期間の間にしっかりと手続きを進めないと、知らなかったでは済まされない失敗をしてしまう事にもなりかねません。 相続手続の中には、いろいろな所に落とし穴がありますから、過信せずひとつひとつ丁寧に見ていくことをお勧めします。

相続に関する情報

1. 相続の基礎知識

相続に関する基本的な知識のぺージはこちらです。

2. 相続に関わる手続き

不動産が相続としてもらえそうだけど、実際にはどんな手続きが必要なの?とお考えに方は相続の具体的な手続きぺージをご覧ください。 <!–   –>  

3. 相続放棄・限定承認

相続放棄ってよく聞くけどどうやるの?相続放棄ではなく、いい部分だけ相続できないないの?限定承認ってなに?などについてお知りになりたい方はこちらです。

4. 相続時の不動産問題

相続できる不動産の価値はいくらなんだろう?相続税をなんとか減らす方法ないの?など相続の不動産に関係する事はこちらです。

5. 相続税申告・納税

そもそも相続税ってどういう仕組みなの?相続税の計算方法が知りたい!ざっくりでも良いから、自分のケースだとどれくらい相続税がかかるの?など相続税についてはこちらです。

6. 遺産分割協議

実際に相続財産をどう分割すればよいのだろうか?相続人で遺産分割についてトラブルになってしまった!など遺産分割に関わる事はこちらです。

遺言

「相続」で「争族」にならないための「遺言」

家族イメージ

遺言を書く一番のメリットは「自分の思い通りに遺産を分けることが出来る」ということです。 また、相続では、たとえ親族間であっても財産を巡った争いになることがしばしばあります。 そういった「争続」を避ける事が出来るのも遺言のメリットです。

遺言に関する情報

遺言の種類

「争族」を事前に防止するには、遺言が有効です。機能を果たす遺言を作成しましょう。 大きく「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の3種類に分類されます。

遺言書の書き方

遺言書には種類によって書き方が異なります。遺言を作成する上でのポイントを押さえましょう。

公正証書遺言

最も安全な「公正証書遺言」の作成手順を押さえて、「公正証書遺言」を作成しましょう。

遺言書の保管と執行

苦労して作成した遺言書は相続人に見つけてもらわなければ機能したことにはなりません。 「見つからないことなんて…」と思うかもしれませんが、遺言書は、人には見て欲しくない内容の場合も多く、簡単に見つかる場所に置いてあるとは限りません。また、紛失をしないようにすることも重要です。

遺言信託

比較的多くの資産があり、少し費用がかかってもいいので、 遺言書の内容を忠実にかつ安全に実行して欲しい。 そんな方には、銀行や信託銀行に依頼する遺言信託も一つの選択肢です。

未来に繋ぐ遺言作りをお約束します。

家族信託

信託とは

信託は、自分の財産を信頼できる人に預け(所有権を移転し)、その人に財産の管理や処分をしてもらうことです。 また、その財産から利益を受ける人を決めます。 その中でも、家族に財産を預けて、管理や承継の問題を解決する信託を「家族信託」と呼んでいます。

家族信託の流れ

家族信託

家族信託とは、資産を持つ方が、特定の目的に従って(目的を定めることで「おもい」を実現する)、その保有する不動産・預貯金等の資産を信頼できる家族・親族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。

家族信託

家族信託の活用法

  • 元気なうちから本人に代わり財産の管理・処分を託す(任意契約の代用)
  • 本人の判断能力低下後における財産の管理・処分を託す(後見制度の代用)
  • 本人死亡後の資産の承継先を自由に指定できる(遺言の代用)
  • 民法では無効とされている2次相続以降の財産の承継先を指定できる

あなたの人生を支える財産が、あなたの意思により、 次の世代の人生を支える財産に変わっていきます。

事業継承

事業継承について

事業承継といえば、現在の経営者から、他の人に経営権を引き継ぐことを指します。子供等に引き継ぐ「親族承継」だけでなく、第三者に承継する「親族外承継」もあります。

事業継承の全体像

事業継承イメージ
  • 後継者の選定
  • 後継者の育成
  • 経営権の承継
  • 財産の承継

それぞれに、注意すべき点がございます。 詳細はこちらを確認ください。

事業継承に関するその他の情報

相続税対策

事業承継をする上で、相続税対策は切っても切り離せないものです。相続税対策には高い専門性を持ち経験が豊富な専門家に依頼することをオススメ致します。事業自体に多大な影響を及ぼしますので、慎重に判断しなければなりません。

種類株の活用

種類株とは、株主の権利について普通株式とは違った権利を付与したり、株主の権利の一部を制限または剥奪した株式のことを指します。企業を承継する場合、経営者と株主が持っている権利によって問題が発生する場合がございます。

経営承継円滑化法

経営承継円滑化法では、事業承継の阻害要因だった民法の遺留分制度に対しての特例と相続税負担に対しての納税猶予措置を利用できます。結果、事業承継に不可欠な自社株式などの生前贈与が確実になり、後継者の貢献による株式価値上昇分は遺留分減殺請求の対象外となりました。

確実に未来に繋ぐためにも事業継承は専門家にお任せください。

相続・遺言は名波司法書士事務所に任せて安心

浜松の名波司法書士事務所では、法人設立支援だけでなく、個人様からのご相談にも幅広く応じております。中でも相続・遺言は得意分野であり、高齢化や核家族化に伴い様々なご相談が寄せられております。
相続に関しては遺産分割協議書の作成や、相続放棄や限定承認に関する手続きのアドバイス、相続登記などを行っております。遺言も司法書士の得意分野であり、自筆証書遺言のアドバイスや公正証書遺言等の証人などを手掛けます。
名波司法書士事務所では、家族に財産を預けて、管理や承継問題を解決家族信託のご提案のほか、事業継承のご相談も承っております。子供等に引き継ぐ親族承継はもとより、近年増加している第三者に承継する親族外承継のアドバイスも行います。

お問い合わせはこちら

TEL: 0120-773-015

お問い合わせフォーム

  • 相続専門サイト
事務所のご案内

名波司法書士事務所

[所在地]〒430-0816 静岡県浜松市南区参野町170番地の1(MAP
[TEL] 053-463-7003
[FAX] 053-463-7040
[営業時間] 9:00~19:00
[アクセス]
JR浜松駅北口 バスターミナル7番乗り場より「遠州浜」行き「領家郵便局」下車すぐ (1番と書いてあるバスにご乗車ください) 駐車場もご用意しておりますので、ぜひ自家用車でもお越しください。

PAGE TOP